• 第14回 学術集会日時

    【日時】
    2018年11月10日(土)
    12:00~16:30
    【会場】
    ナディアパーク デザインセンタービル3F
    (デザインホール)
    〒460-0008
     名古屋市中区栄3丁目18-1

学術集会会長ご挨拶

愛知県支部学術集会会長からご挨拶申し上げます。

開催日は平成30年11月10日(土曜日)、会場は栄のナディアパーク3階のデザインホールです。参加される皆さんに実りのある学術集会となるよう、担当者一同で鋭意準備を進めています。

今回の学術集会のテーマは「医療現場に活かすコンフリクトマネジメント」です。
昨今は、個人の価値が多様化するにつれて医療を取り巻く環境も急速に変化し厳しさを増しています。医療者が自らの価値観に基づいて良かれと考えた行為の結果が紛争になることもまれではありません。さらに、価値観の違いによる対立は、患者と医療者の間のみではなく、同職種、異職種の医療者の間にも起こりえます。
そこで、今回の学術集会では、価値観の異なる人と向き合って対話するために、医療者が身につけておくべき基本的な考え方、スキルとしてのアサーティブコミュニケーション、価値観の対立から生じるコンフリクトの予防、解決につなげる病院内の仕組みとして臨床倫理コンサルテーションをとりあげました。
特別講演は、統合的心理療法研究所(IPI)顧問の平木典子先生に「医療マネジメントに活かすアサーション ~気持ちよく葛藤につきあうために~」と題したお話しを、またランチョンセミナーには、中京大学法科大学院教授の稲葉一人先生に「医療マネジメントの手段としての臨床倫理コンサルテーションという試み」についてのご講演をお願いいたしました。
本学会は、医療の質の向上のためにクリニカルパスをはじめ医療連携、医療安全など、医療の現場におけるさまざまな課題の研究、提案をして成果を挙げています。日常臨床に携わってみえる多職種の方々のご参加をお待ちしております。

第14回日本医療マネジメント学会 愛知県支部学術集会
学術集会会長 野口 善令

Comments are closed.